カテゴリーバナー



徳川家光が上野の山に寛永寺を開基したことで、数多くの狐が住処を追われたようです。こうして「住処を奪われた」ことで、上野の狐は人を化かすようになったのではないでしょうか。

しかし更なる文明の発展は狐そのものを滅亡させてしまいます。つまり「人を化かす狐」とは「野生狐の繁栄サイクルにおける“最後の灯火”」だったのです。



【江戸の発展が追い出した狐たち】





上野には楽しいアイテムが満載です。上がアジア様式の塔に黒い梵字がミステリアスな『パゴダ』、下が『顔だけの東京大仏』です。

住処を追い出された狐たちを慰撫するために天海僧正によって祀られたのが、写真の 『穴の稲荷』(花園稲荷神社)です。つまり、この穴は『徳川家ご公認の狐の住みか』なのです。

そういう経緯であればたくさんの伝説が残っていそうですが、残念なことに花園稲荷神社のサイトを見ても そのような話しがまったく書かれていませんでした。

そこで独自に調査したこの地に由来する狐の話しを二つ。

◆谷中にあった伊呂波茶屋(イロハちゃや)という店では、客の前の杯や煙草鉢などがよく空中に浮かんだという。  ある日、火鉢にかかっていた湯の煮えたぎるヤカンが浮かび上がったのだが、突然落ちて湯が四方へ散った。それ以来、 この店で物が浮かび上がることは無かったらしい。姿を消した狐がイタズラに物を浮かばせていたのだが、 ヤカンに手を出し火傷をして懲りたのだろうと噂されたとか。

◆甲子夜話を書いた松浦静山の根岸の屋敷の木に止まったカラスに対して、上野の山からやってくる古狐が「その木の周りをグルグルと回り、カラスを飛べなくさせる」とか 「自分の頭を揺らし、カラスの頭も同じように揺らす」という術にかけてからかっていたらしい。

これらの狐は写真の狐穴に住んでいたのでしょう?

参考サイト: 上野恩賜公園
Shakujii Park


カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。