カテゴリーバナー



元和四年(1620年)、澤蔵司という青年僧が小石川の傳通院の学寮に入寮しました。

彼は実に非凡な才能の持ち主で学寮僧中の白眉といわれたらしいですが、「この秀才僧の 正体は白狐だ」という言い伝えが残っているというのですから嬉しくてしょうがないです。



【狐が化けていた青年僧の話はどこまでが実話?】








この秀才青年僧 澤蔵司さん、なんでも、うっかり尻尾を出して寝ていた姿を、同僚の学僧に見られてしまったのだそうなのです。

それで仕方なく澤蔵司は傳通院の覚山上人に自分の正体を告げ、学寮を去っていったというのですが、澤蔵司という僧侶はどうやら実在の人物だったらしいので、どのような経緯でこのような逸話が生まれたのか実に興味深いですねぇ。

澤蔵司稲荷のサイト では彼が狐であるとは書かれておらず、 “神になった”とされています。しかし、日本のアニミズム的宗教観では『神』とは絶対的な存在ではなく、万物に宿る精霊的な存在ですので、“狐だった”ということとそれ程違いは無いように思えますが、いかがでしょうか?

澤蔵司稲荷神社には左下の写真のような、たくさんの鳥居をくぐることで導かれる『おあな』という場所があり、実に良い感じのオーラが漂っております♪

この『おあな』の奥にあるのが一番上の写真の『霊窟』です。夕暮れ時に行ったので、臆病なボクは背筋がヒンヤリしてきましたよ。

【祟りの話と、化かしの話】


傳通院の前に今も残るムクの木には、澤蔵司(白狐の精霊)が住んでいたいう話も残っています。

このムクの木、戦火で上半分が 焼けてしまったので、切り倒そうという計画もあったのですが、その担当だった区役所職員が二人も不慮の死を遂げたのだそうです。

当時の人は、白狐の精霊の祟りだと考えたらしいですが、澤蔵司って名僧だったはず。でもやっぱり祟るんですねぇ。

結構な老木ですが、ボクが訪ねたときは右の写真のように、まだ立っていました。いまだに白狐の精霊は住んでいるのでしょうか? また、この澤蔵司さんは大の蕎麦好きだったらしく、学僧時代によく蕎麦屋に通っていたというのですが、なんとその蕎麦屋は現存しているのですよ!






実在する店舗と伝説との融合には惹かれてなりません。

店名は『稲荷蕎麦萬盛』、ボクも実際に行ってみました。

澤蔵司は“人間に化けた白狐の精霊”だったわけで、お約束どおり“彼の支払うお金は木の葉だった”そうですよ。

お店の方に「それっと本当ですか?」と聞いてみたのですが、「さあ、どうでしょうねぇ」との回答。それ以上は聞かないというのが粋というものです♪

参考サイト: 小石川 澤蔵司稲荷 のサイト
Takuzousu-Inari shrine

実在する卵焼き屋と狐の話(けさらんぱさらん研究所ファイル)
KesaranPasaranLab Files



毘沙門天の使いに退治された大狸の穴

カテゴリーメニューに戻る


スポンサーを連れてきた右手の招き猫
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。