カテゴリーバナー



“招き猫 発祥の地”と呼ばれている場所はいくつかありますが、東京で最も有名なのは豪徳寺でしょう。

現在は世田谷の地にドカーンと居を構える豪徳寺ですが、かつては寂れた寺だったらしく、それを今のように豪華にしてくれたスポンサーを連れてきたのは、なんと猫だったと言うのです。



【猫により栄えた寺院】






猫の聖地ですから当然、犬はダメです。

豪徳寺はもともとは世田谷城の5代目城主、吉良政忠が伯母にあたる弘徳院のために、文明12年(1480年)に城内に創建された小庵だったのですが、小田原の役での世田谷城開場とともに荒れ果てさびれてしまっていました。

そしてそのさびれはてた弘徳庵の住職は、飼っていた愛猫タマに向かって、こんなにかわいがってやっているんだから何か恩返しでもしてくれよ、と、およそ聖職者とは思えない愚痴を繰り返してつぶやいていたのだとか。

そんなある夏、近江彦根城主、井伊直孝が鷹狩で近くを通りがかったとき、この猫のタマちゃんが井伊直孝ご一行の前に立ちはだかり、“おいでおいで”の招き猫ポーズで弘徳庵の方に導いたというのです。

最初は気味悪がった井伊直孝も、何を思ったのかネコに導かれるままに弘徳庵にやってきたとたん、あたりはものすごい雷雨にみまわれたのです!

井伊直孝は雷雨から逃れられた嬉しさと、その雨宿りの最中に住職から聞いた法話に感動したことがきっかけで、その後、その庵を豪徳寺と名前を改め、井伊家の菩提寺としたのだそうです。

それ以来、豪徳寺は栄えて、いまでも世田谷の住宅街にどかーんと敷地を構えているというわけです。 当然、今も境内には猫観音を祀る招猫殿が建っています。 まさに福を招いた猫というわけです。

【猫の街だが、ちと間違いも。。】


豪徳寺近辺にはさすがに猫が多いですねぇ。置物の猫も、猫の看板も、そして実際の猫もたくさん闊歩していたり、たたずんでいたり。

右の写真の(細かくて見えないですが)猫川柳なんかもさりげなくて、その辺もかなり猫っぽいです。



「豪徳寺 猫が手招く 福と運」と書かれた看板とそれを覗き込む猫


豪徳寺の招き猫は右手なんだけどなぁ。

その中で駅前の商店街で見つけた左の看板。招き猫の“挙げている手”に拘るボクとしては、どうもアレな気がしてしまいます。こういうことはちゃんとした方が良いのでは。ま、こういうユルい看板も逆に猫っぽいですが。。。

参考サイト: 小石川 澤蔵司稲荷 のサイト
Takuzousu-Inari shrine

災難から救ってくれた左手の招き猫(けさらんぱさらん研究所ファイル)
KesaranPasaranLab Files


カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。