カテゴリーバナー



招き猫があったら是非よく見てほしい。その招き猫は、左右どちらの手をあげている?

東京の招き猫で有名な 豪徳寺の招き猫 は右手を上げているが、同じ東京の招き猫伝説でもサウスポーの猫もいる。

主人を災難から救った左手の招き猫、それが、この西方寺の招き猫なのだ。




【吉原の花魁『薄雲太夫』にまつわる伝説】





隅っこの方にヒッソリと置かれています

西方寺のサウスポー招き猫には薄雲太夫という名前の、猫をとても可愛がっていた吉原の花魁にまつわる言い伝えがある。

あるとき太夫が厠(要はトイレ)に行こうとすると、猫が太夫の着物の裾をつかんで離さなかったのだが、その時の猫が、あまりにも恐ろしい形相だったので、恐ろしくなった太夫が助けを呼ぶと、駆けつけた楼主はすぐさま脇差を抜いて猫の首を切り落としてしまったらしい。

すると切られた猫の首はおトイレの下に飛んでいき、そこに隠れていまにも太夫に飛び掛ろうとしていた大蛇に食らい付き、見事噛み殺したというのだ。 つまりその猫は「蛇がいるからそっちへ行くな」と太夫の裾をつかんでいたっていうわけだ。

自分を救おうとした猫を殺してしまったことを太夫もとても後悔したようで、西方寺に猫塚をつくり招き猫の像を祀ったのだとか。

そしてその像が左の写真である。左手を上げているのは、多分、太夫の裾をつかんだ腕が左手だったからだろうか。

ちなみに、この薄雲太夫は元禄年間(1688〜1704)に 実在した長野県坂城町出身の遊女で、 江戸新吉原京町一丁目の三浦屋に席を置き、 同時代の高尾と並び名妓と称された超有名人で、 大の猫好きで、飼い猫(名前は「玉」)とともに描かれた 浮世絵も数多く残っている。

【狸っぽい猫っぽいアレっぽい】


この西方寺は都内に普通にある小さなお寺なので、左手の招き猫の石像もとても小さくて、しかも狭い庭の片隅にチョコンと置いてあるだけなので、よく探さないと見逃してしまぐらいです。

ボクが最初に見つけた「猫っぽいもの」がこの狸っぽい猫でした。ルックス的にはかなりボク好み。 折角ですから伝説とか付けてあげたい気分です。 アヤトリと射撃以外なんの取り得もない少年のもとに、彼を助けるために未来の国からやってきた猫型ロボットという伝説はいかがでしょうか♪


少年をダメにする猫型ロボットのようにも見えます

西方寺:東京都 豊島区 西巣鴨 4-8-42
Saihouji Temple:4-8-42 Nishi-Sugamo,Toshima-ku,Tokyo



鬼神にまつわる巨大鍋

カテゴリーメニューに戻る


三本柱の鳥居の謎
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。