『解体新書』の表紙のレリーフ

【解体新書の表紙】

江戸時代、死刑囚の刑場であった小塚原刑場跡にある『観臓記念碑』は、 上の写真のような『解体新書』の表紙のデザインが刻まれている。

今回は『解体新書』の表紙のデザインの元となった『ワルエルダ解剖書』の表紙と比較しながら、 日本と西洋の文化の違いについて考えてみた。

【解体新書とワルエルダ解剖書との比較】

向って左が『ワルエルダ解剖書』の表紙で、右が『解体新書』の表紙を象った観臓記念碑のレリーフだ。

『解体新書』はご存知の通り、オランダ語で書かれた『ターヘル・アナトミア』を 杉田玄白・前野良沢らによって翻訳された本だ。 しかし、なぜかその表紙は『ターヘル・アナトミア』のものではなく『ワルエルダ解剖書』を モチーフにしたデザインとなっている。

『解体新書』の表紙の下部には『天眞楼』と書かれており、これは杉田玄白が主催する私塾の名称であるので、 『解体新書』にこの表紙を選んだのは杉田玄白ではないかと言われている。 そして「杉田玄白はキリシタンであったため、アダムとイブを描いた『聖書を匂わせるデザイン』を採用した」などの説が あるようだが、ここで言いたいのはそんなことではない。

『解体新書』の表紙のデザインは『ワルエルダ解剖書』のそれと基本的な構成は同じだ。 上の絵では「アダムがイブにリンゴを渡している絵柄」と描いたが、やっぱりこれは「アダムがリンゴを受け取った絵柄」なのかなと 思えてきたので、以降はその考えで話を進める。

【日本と西洋との性意識の違い】

最初に断っておくが、アダムがイブからリンゴを受け取った図柄は 『この本により、 人類は新たな知恵を得たことの象徴』なのだ、なんてことを言うつもりはない。

ボクが言いたいことを述べる前に、まず、上の二つの表紙の絵のそれぞれの拡大図を下に掲載してみる。

そうなのだ!本家のワルエルダ解剖書では、アダムもイブもリンゴを食べる前なので 当然『性に関する羞恥心は無い』状態なので、 2人とも平気で下半身を露にしている。

それに引き換え『解体新書』の表紙では、どういうわけかアダムは花のようなもので股間を隠しているし、 イブも髪の毛で大切な場所を隠しているではないか!

【二つの表紙画によって再認識されたこと】

リンゴを食べる前なのに、アダムとイブに羞恥心があったような描き方をしたいるのは、 『当時の日本がアダムとイブの神話を理解していなかった』とか、 『あえて別の解釈をうながすための施策である』とか、 そういうことではないと思う。

これぞまさに『日本の奥ゆかしさの現れ』なのだ!

たとえ医学書とはいえ性器をあらわにするなんてとんでもない、 という感覚が当時の日本にはあったのだろう。 しかも当時の印刷は 木を掘って作る版画だったので、 あの部分を明確にノミで掘っていくなんてこと、奥ゆかしい日本人にできるわけなかったのだ。

これからみても、解体新書は単なる『翻訳本』ではない、 日本独自の解釈で書かれた医学書であることが解るというものだ。そう、解るのだとも。

【そして結論】

そして、今回の結論なのだが、ボクとしては『男性は堂々と股間を出しているほうがイケている』が、 しかし反対に『女性の場合は圧倒的に“隠した方が”グッとくる』ということが解った、ということだ。

ま、『ワルエルダ解剖書』も『解体新書』も、読者を“グッとこさせる”ことを目的に書かれた本ではないのだろうけど。

しかし、股間を花で隠しているアダムが、なんとも女々しい感じがする反面、 本家『ワルエルダ解剖書』の“ミスター・アダム”は実に雄雄しいではないか!

そして『ワルエルダ解剖書』で股間を大胆に露出しているイブは、 いわゆる「大胆で健康的なセクシー路線」を走っており、ボクには全く興味がない。

やはり女性の場合は、『隠匿された罪悪感をともなう淫靡な雰囲気』を醸し出していただきたいものだ。

というようなことを『解体新書』の表紙から再認識させていただきました。