左上の吉良邸から右下の泉岳寺まで、赤穂浪士たちは2時間足らずで歩いたらしい。しかも、一晩中戦い続け疲労困ぱいしていたうえに、重たい完全武装のままでなのだから恐れ入る。

両国 回向院: 元禄15年旧暦12月14日 (1703年1月30日)深夜に、当時は荒涼としていたこの場所に 完全武装した四十七人終結した。

ネズミ小僧の墓: 赤穂浪士とは無関係だが、 削って持ち帰ると縁起が良いと言われる墓石。 現在では“削り取りようの白い石”が設置。

吉良上野介の屋敷跡: 現在では記念公園となっていて、 縁の品々が多数展示されている。

首洗い井戸: 赤穂浪士が刎ねた吉良上野介の首をこの井戸で 洗ったらしい。

吉良家家臣二十士の墓: 小林平八郎、清水一学らの墓。 最後まで主君を守るために戦った彼らこそ、 本物の忠臣だったはず。

実際は両国橋は渡らなかった: 両国橋の西側は江戸の町。 あだ討ち後の穢れを持ち込むのを防ぐために大川の東側を歩いた。

赤穂浪士が歩いたであろう小道: 恐らく彼らはこの辺りを歩いたはず。

赤穂浪士休息の碑: 『乳熊屋(現 (株)ちくま味噌)』の軒で 休息を取り、甘酒が振舞われた。

永代橋: 赤穂浪士たちは江戸の中心に穢れを持ち込むのを避けるため、ここを渡り泉岳寺へと向かった。

浅野家上屋敷跡: 聖路加病院内に『鉄砲州のお屋敷』と呼ばれた 記念碑が建っている。

汐留橋跡: 現在では典型的なオフィス街。 あまり人通りは多くないので、 血まみれで歩いてもそんなに目立たないかも。

金杉橋: この上流に磯貝十郎左衛門の病身の母と兄がいたが、 彼は「兄の主君に迷惑がかかる」として立ち寄らなかった。

泉岳寺: ここまでおよそ4時間、 赤穂浪士たちの健脚に改めて敬意を払う。

大石内蔵介像: 享年45歳とのことだが、実に大人な顔だ。

血染めの梅と石: 浅野内匠頭が田村右京大夫邸で切腹した際に、 その血がかかった梅と石。

首洗い井戸: 赤穂浪士たちに運ばれた吉良上野介の首はここでも洗われたのだとか。

大石内蔵助の墓: 赤穂浪士の墓群がある敷地の一番奥にある。

最強戦士の墓: 『高田馬場の決闘』でも『十六人切り』をした堀部(旧姓 中山)安兵衛の墓。

この墓群には『討ち入り後、行方をくらました寺坂吉右衛門』や 『討ち入りに参加できずに自害した萱野三平重実』の墓もある。 彼らについてはまた別の機会に書きたいと思う。