地形の説明

武蔵野台地の東端は崖になっていて、ボクはこの高台を南から順に 『上野山脈』『飛鳥山脈』『赤羽山脈』と勝手に名付けている。 今回登った『道灌山』は『上野山脈』の北端に位置する山だ。

ここは実際に『道灌山』と呼ばれている場所で、 名前の由来としては「豊島氏に対する砦を大田道灌が建てたから」 という説と、江戸重長(最初の江戸城城主)の舅にあたる 「関道閑の屋敷があったから」という説があるようだが、 数キロ北には豊島氏の『平塚城(現在の平塚神社)』があり、 直ぐ隣には豊島氏が建てた『諏方神社』があるので、 「本当にこの地に対豊島氏の砦を作ったのだろうか?」と思ってしまう。

恐らく関道閑(豊島氏と同族)の屋敷があったので『道閑山』 と呼ばれていたのが、 後に大田道灌によって豊島氏が滅ぼされると、 同じ『音』ということで『道灌山』と呼ばれるようになったのでは ないだろうか。

『上野山脈』の北端は『尾竹橋渓谷』によって削られ、 それ以北の『飛鳥山脈』と隔てられているが、 この二つの山脈は『尾竹吊橋』という、 『擬似的都会登山ファン』にとって超有名な橋によって 繋がれている。

今回は『飛鳥山脈』の中ほどにある田端駅南口から『尾竹吊橋』を越え 『道灌山』へとアプローチしてきた。

【飛鳥山脈南端まで縦走する】

〜『田端駅の裏口』から『飛鳥山脈』を南側に縦走し、『上野山脈』北端の『道灌山』へと向かう〜

田端駅の裏口:線路の西側にはこんな小さな改札口がある。 地元の人以外まず知らない。

不動坂:『田端駅の裏口』からの坂道を登ると、 直ぐに右側にある坂。

尾根道:「不動坂」を登ると『飛鳥山脈』の尾根道に出る。

発見!:「裏口の珈琲屋」という名称に惹かれたが、 残念ながらお休みだった。

尾根道が分割:田端台公園を越えた場所にある二股。当然、上を目指す。

地域最高峰の学び舎:名門かつ硬派な学校の脇を尾根道が続く。

ひぐらし坂:日が暮れるまで景色を見ていても飽きない、 ことから名付けられた都内の名所。

展望の良い場所:『飛鳥山脈』の東側の『荒川平野』を展望できる駐車場。

荒川平野を眺める:今回のトレッキングで一番の風景はここかも。 先の駐車場からの風景。

日暮里山へ: 飛鳥山脈南端の『日暮里山』へ続くが、 山頂は私有地のため入れない。

尾竹橋:『飛鳥山脈』と『上野山脈』とをつなぐ、地形ファンにはお馴染みの橋

【尾竹橋を渡り上野山脈へと入る】

〜『飛鳥山脈』と『上野山脈』とをつなぐ尾竹橋を越え更に縦走を続ける〜

道灌山へのアプローチ:尾竹橋の南詰めから『道灌山』への 最終登山道が続く。

振り向けば日暮里山:来た道を振り返ると“飛鳥山脈南端の最高峰” 『日暮里山』が見える。

尾竹橋を更に上から眺める:『道灌山』への最終登山道からの眺め。地形ファンにはたまらない切り通しだ。

道灌山山頂:一版名称は『西日暮里公園』で、 太田道灌の砦があったとも言われる場所。 『上野山脈』の北端に位置し風が心地よく、お弁当を広げたくなる場所。

仙人の館:『道灌山』に住む仙人の館。 一般人は近づいてはならない。

江戸時代の風景:山頂にあった広重の作品。 向こうに描かれたのは隅田川か?

ひぐらし山山頂:実名は諏方神社。 かつては『ひぐらしの里』と呼ばれた江戸有数の景勝地だ。

入れ子撮影:景色を見ながら缶ビールをあおるバガボンド氏を撮影している人を更に撮影。

地蔵坂:諏方神社から西日暮里駅へと下る下山道。 ここも絶景ポイントなのだ。

地蔵坂からの展望:かつては大川(隅田川)まで見渡せたのだろう。

【谷中渓谷方面へと下山する】

〜縦走を終えて谷中銀座でくつろいでから帰宅 〜

尾根道(諏訪台通り):高級住宅と下町とが融和した良い感じの街並。

富士見坂:尾根道から西側へと降る道。かつては夕日に映える富士山が見えたのだろう。

スイス風味のカフェ:ブルジョワ臭が漂いボクの進入を 拒むようだった♪

経王寺の脇道:壁の感じがが尾根道の味わいをグッと増してくれる。

ついに下山:縦走を終え谷中銀座へと 降る階段『夕やけだんだん』からの風景。 夕やけを見ながら缶ビールを飲みたい場所だ。 ちなみに谷中銀座は「ブロンド美女との遭遇率がかなり高い」というのも 重要なポイント。

買い食い♪:いつも長蛇の列の有名なお惣菜やさん。 歩きながら食べられる揚げ物も豊富。

飴屋の看板:このあたりは看板のセンスもとても良い。

トルコ料理:谷中銀座にはトルコ料理が良く似合う。 カラフルな電気スタンドなどのグッズも売っている 。

安くて美味くて量も多い:これが普通のランチメニュー。床の上に座り、床に置かれた板の上に並べた料理を食べる。