只見線に併走する国道252号線を車で走ると、いろんな楽しいことと出会えるということを教えたくなってしまいました♪

【恋から愛へと向かう只見線♪】

新潟県の魚沼市にある小出駅と福島県の会津若松駅とをつなぐ只見線は、日本有数の絶景地を走る鉄道として有名です。

2011年7月の新潟・福島豪雨によって小出駅から会津坂下間が不通になり、2019年現在で只見駅から会津川口駅間が不通のままです。

2021年完全復旧に向けて現在、工事の真っ最中ですが、それと平行しての広報活動も地味ながら行われてきており、そのうちの一つが上の「恋から愛へ」というキャッチフレーズ。これは「小出⇒コイデ⇒コイ⇒恋」と「会津若松⇒アイヅワカマツ⇒アイ⇒愛」とをかけたもので、付き合い始めたカップルで只見線に乗るとより深い関係になる、というキャンペーンなのでしょう。

只見線の中ほどにある只見駅には、縁結びの神社までありますよん♪

昭和30年代生まれのボクとしては照れくさいフレーズですが、何はともあれ、全国の人が只見線に興味を持っていただくことで、復旧にブーストがかかってもらえれば何よりですねぇ。


【国道252号線を走るためだけの旅】

只見線に併設する国道252号線もまた絶景地を走る道路です。特に福島・新潟県境の六十里越とか、只見地域の只見川沿いを走る区域などは、良く晴れた日の午前中に走ると最高の気分です。

今回(2019年の5月)、会津地区に計4泊して、国道252号線を行ったりきたりしながらドライブを楽しんできたので、撮影した写真をいくつか紹介します。


【小出近辺】


【米が美味い! 入広瀬近辺】

女神伝説が残る鏡ケ池


【六十里越 雪わり街道】


【田子倉湖を越えて】


【只見駅近辺から東へ】

只見駅で入場券を買うと、となりの売店でもらえる「入場券ケース」


【妖精と大蛇の町 金山】


【絶景地、第一橋梁!】


【最高に気に入りました】


【ついでに大内宿へ】