一人旅ネタ&散歩ネタを紹介|けさらんぱさらん|

●「田安の台」縦走で靖国神社で酒を呑む


ライン

1.地形の解説

上の画像でも皇居の北東部には台地が広がっているのが解ると思います。東側から見ると、ここは「武道館」や「靖国神社」へと向かう「九段坂」によって登っていく高台で、そのまま武蔵野台地へとつながっていきます。

近くに「田安門」があることから、かつては「田安の台」と呼ばれたこの高台を、今回は四ツ谷駅から靖国神社方面へ、そして武道館を通って竹橋駅へと抜けるルートでトレッキングしてきました。

ライン

2.四谷山脈から東郷山まで

@ 四谷見附跡はまるで“尾根道”。左手下にはJR線が走り、鉄ヲタたちが写真を撮っていました。

A “尾根道”を降り、『二七通り』を靖国神社方面に“登って”いきます。

B 劇的な『東郷ターン』でバルチック艦隊を破った東郷元帥の屋敷跡。 取舵いっぱ〜い♪

C 『ロケ弁グランプリ』を取ったことがあるお弁当屋さんらしいです。

ライン

3.靖国神社を改めて歩く

D 『二七通り』を左折し靖国神社へ。『南門』の 『云型狛犬』には角がある『正統派』なのです!

E 境内にある『遊就館』のロビー。ゼロ戦とSLと大砲が並んでいます。売店には興味深い商品も多数あるのです!

F 靖国神社には意外にも中国や韓国からの観光客が目立っていた気がします。

G 「東京裁判」で連合軍に屈せず、中立と正義を貫いたパール判事の碑と、 力強い母親の像です。感じ入るものがありますねぇ。

ライン

4.昼から呑める超穴場

H 靖国神社の最高の“穴場”! 超レトロな空間で食事だけでなく、昼間から酒を呑める場所なのです!

H メニューも豊富! そばはもちろんだが、実はカレーがかなりいけるのです!

H 白だしや生クリームを使った『クリームカレー「和」style』。 究極の『魔改造』ですねぇ♪

ライン

5.江戸城を抜けて竹橋へと

I 神社を出て靖国通りを九段下方面を望む。靖国通りが 高台を切り裂いているのが解りますよね。

J 靖国通りを渡り皇居エリアに入る。矢沢永吉の聖地がそびえています♪

K そして理系少年の聖地『科学技術館』。 ボクと同世代の“理系おやじ”の姿もチラホラ見えます。

L 『紀伊国坂』を左折し竹橋駅方向を望む。“下山”の イメージで降りていき、今回のトレッキングは終了です。