カテゴリーバナー






武蔵野台地の東端は崖になっていて、ボクはこの高台を南から順に『上野山脈』『飛鳥山脈』『赤羽山脈』と名付けていています。今回登った『道灌山』は『上野山脈』の北端に位置する山です。

ここは実際に『道灌山』と呼ばれており、名前の由来としては「豊島氏に対する砦を大田道灌が建てたから」という説と、江戸重長(最初の江戸城城主)の舅にあたる「関道閑の屋敷があったから」という説があるようですが、数キロ北には豊島氏の「平塚城(現在の平塚神社)」があり、直ぐ隣には豊島氏が建てた「諏方神社」があるので、この地に「対豊島氏の砦」を作っただろうか?と思うわけです。

恐らく関道閑(豊島氏と同族)の屋敷があったので「道閑山」と呼ばれていたのが、後に大田道灌によって豊島氏が滅ぼされると、同じ「音」ということで「道灌山」と呼ばれるようになったのではないでしょうか。

『上野山脈』の北端は『尾竹橋渓谷』によって削られ、それ以北の『飛鳥山脈』と隔てられているのですが、実はこの二つの山脈は『擬似的都会登山ファン』にとっては、超有名な名所である『尾竹吊橋』によって繋がっていますので、 今回は飛鳥山脈の中ほどにある田端駅南口から『尾竹吊橋』を越え『道灌山』へとアプローチしてみました。


近代的な北口とは比較にならないほどシンプルな田端駅南口には『田端の裏口』という呼び名がついています。


〜『田端の裏口』から『飛鳥山脈』を南下して『道灌山』へとアプローチする〜



『田端の裏口』からの坂道を登ると、直ぐに右側に「不動坂」があります。



「不動坂」を登ると『飛鳥山脈』の尾根道になります。



「裏口の珈琲屋」という名称に惹かれましたが、残念ながらお休みでした。



田端台公園を越えた場所にある二股。当然、上を目指します。



名門かつ硬派な学校の脇を尾根道が続きます。



日が暮れるまで景色を見ていても飽きない、ということから付けられた「ひぐらし坂」。



今回のトレッキングで一番の風景はここかも。尾根道の中ほどのビューポイントから。



『飛鳥山脈』と『上野山脈』とをつなぐ『尾竹吊橋』。向こうに見える森が『道灌山山頂』。



『尾竹吊橋』を超えて、『道灌山』への最後のアプローチの前に立つ。



『飛鳥山脈』を振り返ると、『道灌山』よりも高い『ひぐらし岳』が見える。残念ながら私有地なので登ることができません。



『道灌山』側から『尾竹橋渓谷』を望む。


〜『道灌山』の山頂に立つ〜



『道灌山山頂』は西日暮里公園になっています。残念ながらここからはあまり景色が見えません。


山頂に住む『仙人』の館。


『道灌山』のニンフたちをジロジロ見るんじゃない。


広重の作品。向こうに見えるのは隅田川か?



公園の隣にある諏方神社の境内。かつては「ひぐらしの里」と呼ばれた江戸有数の景勝地です。


景色を見ながら缶ビールをあおるバガボンド氏の写真を撮っている人を更に撮影してみました。


粋な半纏を羽織った宮大工さん。


諏方神社から西日暮里駅へと下る『地蔵坂』。ここも絶景ポイントです。


〜諏方神社から京浜東北線方面を眺める〜



『上野山脈』の東側が低地になっているのがわかります。かつては隅田川まで見渡せたのでしょう。


〜さらに尾根道を南下する〜



高級住宅と下町とが融和した良い感じの街並。



尾根道の途中にある、西側に降る『富士見坂』。



スイス風味のカフェを発見。ブルジョワ臭が漂いボクの進入を拒んで入れませんでした。



経王寺の塀が尾根道の味わいをグッと増してくれます。



神社の表記は「諏方」だったが地名表記は「諏訪」ということでしょうか。



経王寺の仁王像のまゆげのイケメン度合いに惹かれてしまいました。


〜谷中銀座の賑やかさが嬉しい〜



谷中銀座へと降る階段『夕やけだんだん』からの風景。夕やけを見ながら缶ビールを飲みたい場所です。
谷中銀座は「ブロンド美女との遭遇率がかなり高い」というのも重要な事実です。



いつも長蛇の列の有名なお惣菜やさん。買い食いするならココかな。


飴屋さんの壁が実に良いです。


商店街でちらほらと見かけたポスター。この方、調べてみると大田区出身らしく、どうしてこの地をテーマにした歌を唄うようになったかは不明です。



トルコ料理屋でランチを。コレ全部で税別1000円。

腹も減ってきたので目に付いたトルコ料理屋に入り、床に座って板状の台に乗せられた料理を食べてきました。

スープやサラダやカレーや肉の煮込みなどの料理と、インディカ米とナン、そしてザクロのジュースとチャイの組み合わせは、ボクとしては大正解の選択でしたねぇ。

まだ日が高い時間だったので、食後も辺りをぶらついて帰りましたが、夕暮れ時でなくても楽しめる、なかなか楽しい街ですよ。






目白台地と神田川の境にある椿三山

カテゴリーメニューに戻る


飛鳥山脈を縦走する
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。