カテゴリーバナー






武蔵野台地の東端で『尾竹橋渓谷』と『飛鳥山渓谷』との間に挟まれた高台を、ここでは『飛鳥山山脈』と呼んでいます。

ここは、大田道灌が江戸侵出してくる前から南関東を治めていた豊島氏の「平塚城」があった場所であり、江戸時代中盤には、徳川吉宗による桜の植林により江戸最北のお花見の地として栄えた「飛鳥山」があった場所です。

現在は“なんとなく昭和情緒が残り”“神社仏閣が多く”“意外とお屋敷が多い”というニュアンスが残る街として、散歩ファンが結構チラホラと見られる街になっています。

今回は「上中里駅」から『蝉坂』を登り『平塚山』を経由して『飛鳥山』に入り、『王子渓谷』を降って「王子駅」に向かうという経路でトレッキングしてきました。


『飛鳥山』にはおそらく「日本最短」であるモノレールが走っています。


〜上中里駅から『蝉坂』を登り『平塚山』に立ち更に『飛鳥山』と目指す〜



上中里近辺の地形図



平塚城の脇を登る、江戸時代から『蝉坂』と呼ばれている坂道。名前の由来はたぶん想像通りかな。



『蝉坂』を登ると右手に現れる『平塚山』への最終アプローチ。



『平塚山』の山頂(本当は「平塚神社」)。太田道灌によって滅ぼされた豊島氏の怨念もすっかり浄化されたのか、とても雰囲気の良い神社です。



“千尋の谷”に子供を落とすスパルタ狛犬。



『平塚山』を超えると『平塚絶壁』がそびえる。



『飛鳥山脈』の尾根道を北上する。



『京浜東北ルート』から『飛鳥山』を目指すために一度『西ヶ原林道』を降る。



『飛鳥山渓谷』を北上して『飛鳥山』への最終アプローチを目指す。



ここが『飛鳥山』への最終アプローチ。


〜『飛鳥山』の山頂に立つ〜



ボクが小学生時代にはこの地に「回転式展望台」があった。是非、復活して欲しい。



『飛鳥山山頂』には売店があり、「冷やし甘酒」という文字に心が揺れる。



「S62」の外見をした「銀河鉄道999」が出てくる前は、SLと言えばこの「D51」だった。



江戸時代から残る石碑だが、書かれている内容は江戸時代から庶民には不明だったらしく「なんだ石碑かと一つも読めぬなり」という古川柳が残っている。


〜飛鳥山山頂から隅田川方向を眺める〜



京浜東北線の東側には平地が広がっているのが判ります。


〜西側ルートから『王子渓谷』経由で下山する〜



山頂の西側を降るともう一段、広場がある。



日本最短のモノレールで『王子渓谷』の中ほどに降りることができる。



勇壮なる『王子渓谷』の景観。


〜戦後のドヤガイ風味が残る王子の街〜


『王子渓谷』の南側にある『飛鳥山渓谷』に残る「さくら新道」。ボクが子供の頃は怖くて近づけなかったが、今は情報誌にも載っている飲食街。


「さくら新道」の飲食店。昔の「ちょんの間」の建物を流用しているらしい。


『王子渓谷』の北側を流れる石神井川沿いにも良い感じの飲食店街がある。





ボクにとって王子と言えば「やきとん」と「ホッピー」。大手チェーン店もあるけれど、個人店にはやっぱり味があります。

ボクが好きな店は、厨房や配膳を全て店員に任せて、店主自らは客に混じって昼間から酔っ払っている某店舗。

日があるうちに辛し味噌をつけた「やきとん」をアテに飲むホッピーは、まさに至高の喜びです!





カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。