於岩稲荷@四谷左門町

【神としても祭られているお岩さん】

日本の怪談の中で文句なしの最高峰であろう四谷怪談のお岩さん。事実を基にした怪談ということもあり、今なお「事前にお参りに行かず四谷怪談を演じたために祟られた」など逸話が絶えない。

しかしその逆に、お岩さんは願い事を叶える神としても祀られている。このあたりに日本人の感性を解析していきたい。

テーマパーク的演出が見事。陽運寺於岩稲荷@四谷左門町

【深い恨みを抱いて死んだ人を神として祀る風習】

日本には『深い恨みを抱いて死んだ人』を『神として祀る』ことで、その怨念を浄化させるという考え方が存在する。

そして、その『恨み』が強ければ強いほど(世間がその恨みを大きいものだと感じていればいるほど)、その人を「より格式の高い神へと昇華させる」傾向があるようだ。

例えば、『天孫系の神(恐らくはその後の大和朝廷につながる勢力)』に『国譲り』した大国主命は、日本最大の神社である出雲大社に祀られているし、 『新皇』を名乗り朝敵として討伐された平将門は『関東の守護』として神田明神に祀られている。

他にも、権力争いに破れ大宰府に左遷され無念の死を遂げた菅原道真は『学問の神様』に祀り上げられている、など事例はきりが無い。。

田宮稲荷@新川

【怨念を浄化させるシステムが共同体を維持する】

ボクは理系おやじなので『怨念』そのものが存在するとは思っていないが、「怨念というものが存在すると信じている人々はたくさんいて、そのような人々にとっては、怨念が残ったままでは安心できないのだ」ということは理解している。

そういう人々は「なんとかしてその怨念を浄化させたい」と考え、「怨念を浄化させるシステム」=「怨念が浄化されたと信じるための手法」として、「怨念にまみれて死んだ人を神にしてしまう」という文化を作り出したのだろう。

「死後、その人を神とすることで、生前その人が抱いていた恨みを浄化させる」ことは、ある意味、日本人の持つ『事なかれ主義的な辻褄あわせ』だ。

しかし、そのような考え方は日本の共同体社会を持続させる上で重要な考え方のひとつになっているのも、これまた事実なのだと思う。

妙行寺@西巣鴨

【本家争いさえ起こすほど人気者のお岩さん】

さて四谷怪談で怨念の塊として描かれている「お岩さん」だが、現在、複数の神社仏閣に『お墓』があり、それぞれが「うちこそ本家本元」と主張しあっているのだが、このあたりの『お岩さんの墓をめぐる本家争い』は実に興味深く、別途書いてみたいと思う。

それはさておき、それら複数存在する『お岩さんの墓』の全てが『願い事を叶える信仰の対象』として祀られていて、人気の神社となっている。

実際のお岩さんがどのような人だったのかは諸説あり定かではないが、お岩さんが現在「願いを叶える神として祀られている」ということは、「世間の人々は“お岩さんは深い恨みを抱いて死んだ”と信じている」ということの裏返しに他ならない