【河童で賑わう合羽橋】

料理器具の販売で有名な『合羽橋商店街』は『合羽橋』であるにもかかわらず、町のいたる所に『河童』のオブジェが立ち並んでいる。

これは“音が同じ”という語呂合わせなのかと思っていたが、どうやらそれだけでは ないようなのだ。

今回は『合羽橋』は『河童橋』でもある、ということについて説明します。

【治水工事を行った合羽屋と河童たち】

東京は浅草の隣にある合羽橋。昔このあたりは水はけが悪く、大雨が降ると洪水に悩まされていたとのこと。そんな時代、地元に住む合羽屋の川太郎という方が、自腹を切って治水工事を行ったことで、はじめて住みやすい土地になったのだとか。

そして、この治水工事において、大活躍したのがたくさんの河童たち。 以前、川太郎に助けてもらったことのある大川の河童たちが、川太郎への恩返しということで、下の写真のように一生懸命 工事を手伝ってくれたのだ。

つまり、合羽橋は“合羽屋が灌漑した土地”であると同時に“河童たちが灌漑した土地”というわけだ。これが「合羽橋は合羽であると同時に河童である」理由だ。

このときの資財を投げ打って治水工事をした合羽屋の川太郎(このネーミングはチトやらせっぽいが・・)のお墓は合羽橋本通沿いの曹源寺(通称かっぱ寺)に今も残っている。

よく見ると墓石の上部に“お皿”がついているではないか! 合羽屋さんがいつのまにか河童になってしまったということかな♪

河童の川太郎の墓

曹源寺の河童堂にある『河童大明神』

同じく河童堂にある『河童の手のミイラ』。正確には『水虎之手』。

河童伝説が残る『河童ステーキ』(詳しくは現地で聞いてください♪)